2019年のイカツドウ(イカ活動)を振り返る

イカに目覚めて9年目の今年は、未だかつてないほどイカツドウ(イカ活動)が充実した年だった。

「イカが好き・イカに触れ合いたい」という私の暑苦しいアピールに、心優しい皆様が応えてくださった結果だと思う。ありがとうございます。

それでは、私の2019年イカツドウを振り返っていこう。

1月

元旦からイカを摂取

夫のお気に入りのお店、煮干しつけ麺宮元にて元旦限定メニュー「超極濃 烏賊つけ麺」をいただいた元旦。イカがめちゃめちゃな濃度で入っており震えるうまさだったのだが、これは2019年がイカ濃度の高い一年になることを示唆していたのかもしれない。

2020年の元旦もやるそうです。元気ある人は並んで食べてね。

マネ会に寄稿

1月半ばにはマネ会という媒体で、私のイカ人生を振り返る記事を書かせていただいた。その当時までの約8年間の私のイカツドウとイカの良さについて全力を出して書いた覚えがある。でも結果的には、2019年だけでこの内容を軽く超えるイカツドウがあったのであった。すげー。

hikakujoho.com

2月

ミミイカを捕りに行く

2月はミミイカ捕りに誘っていただいた。水族館で見た姿と自然の中にいる姿のギャップがあって心躍った。生きているときだけの内側から滲むような輝きが忘れられない。ミミガーよ永遠に。

www.sepio.tk

3月

ホタルイカ捕り

イカを好きになるよりも前、玉置標本さんの記事を読んでからずっと私の心のスペースを奪っていたターゲットに10年越しで出会えて感無量。ざざむしのせつなさんと天おじに会えたのも、瞳孔が開くくらい嬉しかった。これを境に私の中でホタルイカの地位が急上昇。ホタルイカかわいい。

www.sepio.tk

www.sepio.tk

www.sepio.tk

www.sepio.tk

4月

日本いか連合発足

待望のいか組織「日本いか連合」が発足したのが4/14。私は同人誌編集長、兼ライターとして参加。最初は代表のよしかちゃんと2人きりだったが、今は幹部5人まで増えて出来ることがどんどん拡大している。2020年はイカパーティーだけではなく、もっと多様なイベントを企画しているよ。

twitter.com

5月

函館・八戸イカ旅行

さのくに氏との2人旅。本当は記事にしようと思っていたのだが、同人誌づくりに時間を取られて今まで書けずにいる。実はこのあとすぐにまた函館へ飛ぶことになるのだが、それは8月に伏線回収。

八戸のマリエントでイカのカラストンビに挟まれて至福の表情

6月

ダイオウイカグミ作り

イカ好きが集まってダイオウイカ型のグミを作ったってだけだけど、翌日寝込むくらい楽しかったんだよな。これも来年ブログ記事におこしたい。

なぜか浴衣を着たりして。

マルイカ釣り

今年もマルイカを釣りに。竿を家に忘れたり、途中で豪雨に見舞われて下着までビッタビタになるなど思い出深い釣行。玉置さんが船上で捌いてすぐごま油と和えた刺身が絶品だった。

これを食べた後、土砂降りの雨が降ってきた

真鍮でヤリイカ作り

金属工芸家のオクズミさんの真鍮ワークショップに参加。真鍮を糸鋸で切るところから自分でやらせてもらって、ヤリイカ成体のブローチとヤリイカ幼体のピアスを製作。イカイベント時のお洒落に役立ちまくり。とても気に入っている。

手前が私の作品、奥はよしかちゃんのスルメ。なかなか味があるでしょう

7月

第3回イカパーティー in柏

千葉県柏市のいっかというお店で、もう3回目となるイカパーティーを開催。いままではただの参加者だったが、今回から主催者側に。後々いか連合のメンバーとなる方や、イカイベントを共催させていただく予定の方との出会い。こういうのがあるからやめられないのよね。

よしかちゃんが抱いているのはミヤタケイコさんの作品のイカ。参加者がみんな持ち寄って同窓会をした

イカタコ研究会

イカとタコの研究をしている方が研究成果発表をするという会に素人ながら参加させていただいた。専門的な話も頭をフル稼働させて聴講。イカ界の至宝、奥谷先生や窪寺先生、他にもたくさんのイカ研究者の方と直接お話ができてドキドキの2日間であった。

www.sepio.tk

8月

ヒメイカ探し

怒涛のイカ月間となった8月の幕開けは、世界最小のイカ、ヒメイカを探すアクティビティ。初めてのシュノーケリングに浮かれまくっていた。詳しくは来年書く!

想像の半分くらいの大きさで、想像の2倍速く動いた

イカ同人誌「いか生活 vol.1」頒布

案を温めるところから1年かけて、ようやくイカ同人誌が完成。DTPソフトの使い方もゼロから勉強して…我ながらよくやったと思う。そして初のコミケ出展は心優しい皆様が代わる代わるブースへ来てくださって、嬉しい忙しさだった。ありがとうございます。欲しい方はお早めに!

www.sepio.tk

YORIMICHI AIRDO 函館イカづくし旅の記事を寄稿

5月の函館旅行が済んでからすぐ、「函館イカ旅行して記事を書きませんか」というお話が。さのくに氏とイカスポットを巡っていたお陰で、この記事で紹介するスポットの提案も色々出来て、ほんとにちょうど良かったな。函館の名所を一切周らない、イカだけに特化した狂った記事なので是非お読みください。

yorimichi.airdo.jp

イカラーメン作り

8月の締めくくりは、イカと製麺という二つの趣味を組み合わせてイカラーメンを作った。これは結構おいしくできたので、ブラッシュアップして「イカラーメン2020」を作りたいと思う。

www.sepio.tk

9月

マニアフェスタ出展・マニアプレゼン

全国のマニアが集まるというマニアフェスタに初出展。マニアかどうかは知らないけど。お隣さんのバク愛が強くて、すごくシンパシーを感じた。自分の好きな分野についてプレゼンをするマニアプレゼンというのにも出させてもらった。5分間でイカ愛をぶちまけて、ラジオ等ディレクターの方からの出演検討の札があがったけど特に何も連絡ありません。そんなもんよね。

イカのこと話し過ぎて制限時間オーバーした

10月

エギングに挑戦

人生で2度目のエギングに挑戦。まだエギングで何かが釣れたことがないんだけど、今回もやっぱりだめでした。教えてくれる先生は完ぺきだったのだけど、とにかくこの時は肩が痛くって。あとそもそも渋かった。肩を治してぜひとも再挑戦したい。

同行の方が釣ったカミナリイカ。背中のキスマークがおしゃれ

11月

島根ダイオウイカ解剖

「ダイオウイカの解剖が今度島根であるんだよ」というのを7月のイカタコ研究会で伺って、ずっとその時から予定を空けて楽しみにしていた行事。執刀の窪寺先生に挨拶に行ったら、「え?ほんとに来たの?(島根遠いよね?)」と言われて笑ってしまった。これはいか生活の取材として許可を取って行ったので、そのうち記事にします。でっかくてめちゃよかったよ。

窪寺先生の生解剖を見て大興奮

第4回イカパーティー in鹿児島

半年に一度のペースで続けているイカパーティー、2019年後半は鹿児島!イカ画家の宮内裕賀さんのアトリエがあるトマルビルで美味しいイカ料理をいただいた。宮内さんのアトリエ見学もさせてもらえて、その迫力に一同気圧される。大きな作品、いつか迎えたいな。

でっかいコウイカの解剖をさせてもらって、解剖で興奮する体質になってしまった

その時の興奮を生々しくしたためた手記。

note.com

12月

イカ正月飾りづくり

本来ならばスミイカ釣りに精を出しているこの時期、肩の腱が切れてしまっているので医者から釣り禁止令が出てしまった。ソデイカ釣りにもお誘いいただいていたが、やむなく辞退。イカへの募る思いが私を狂わせ、なぜかイカで正月飾りを作ってしまった。

www.sepio.tk

でも割とよくできたと思うんだよなぁ。

今年はイカyear、来年もきっと

そんなこんなでなんだか毎月イカに関してのイベントをやっていた2019だった。本当はまだまだ細かい活動をつづればキリがない。2020年にやりたいことが既に列をなして私の心の中で待っているので、焦らず一つずつ実現していこうと思う。

本年もお世話になりました。2020年もよろしくお願いいたします。

八戸でみつけた可愛いイカ提灯。これが今年一番バズッた投稿だった